オルソケラトロジー、日本語で表現すると角膜矯正療法となります。
少し前に話題にレーシック。
これは角膜に直接レーザーを当てて処置するのに対し、こちらのオルソケラトロジーは違います。
角膜矯正とあるように、特殊なコンタクトレンズを用いて角膜を適切な状態に矯正する治療法になります。
角膜の形状というのは実は一人ひとり若干ですが違います。
それぞれに合ったコンタクトレンズを制作し、それを夜寝ている間に装着します。
コンタクトと言うと昼間に付けて寝るときに外すイメージですが、そうではありません。
この特殊レンズを寝ている間につけることで、角膜が若干楕円上になります。
その楕円状の状態がいわゆる目がよく見える状態になるわけです。
角膜自体は伸縮性がありクセをつけることが出来ます。
つまり、寝ている間に付いた楕円上のクセが昼間コンタクトを外しても保持されるため、視力が回復するというわけです。
基本的には一時的なものですが、一度クセがつくと数日保つ方もみえるそうです。
半永久的なものでない分若干の面倒臭さはありますが、角膜等にダメージを与えず治療できるというのは大きな魅力ですね昼間にコンタクトを付けていることと比べても大きなメリットがあるように思います。
昼間のコンタクトやメガネを面倒臭さく思われる人はぜひ一度調べてみてください。


http://pigsproduction.net/?pig=7