現在、使用中のマットレスに寝てみてください。
腰とマットレスとのあいだに隙間が生じていて、腰が浮いてしまってはいないでしょうか?
もし該当するということでしたら、そのマットレスが腰の痛みを招いている疑いがあります。
現状で腰痛でツライ思いをしているという方は、この機会に新調を検討してみてはいかがでしょうか。

マットレスに横になったときに腰が浮いた状態になってしまうことには、複数の原因が考えられます。
具体的にはマットレスにへたりが生じている、過度にかたいマットレスを敷いている、耐圧分散性に乏しい点をあげることができます。
腰が浮いた状態では、背骨が不自然に曲がった状態を維持しようとするため、睡眠中ずっとこわばったままになるほか、お尻や肩甲骨に荷重が集中し、こうしたパーツの疲労も出てきてしまいます。

モットンは適度なかたさで、耐圧分散性に優れているほか、へたりが生じにくい性能を持っています。
ぜひこの製品(Webサイトはコチラ)をチェックして、マットレスとしての魅力を知ってください。
http://pigsproduction.net/