虫歯ができやすい子どもにはどのような共通点があるのでしょうか?
子どもの大好きなおやつに注目して、虫歯リスクの高いおやつの種類や食べ方などを紹介します。

まず注目したいのが、どんなおやつを食べているかです。
子どもの歯科検診のたびに、どんなおやつを与えているか質問されるものですが、あめ玉やキャラメルなど、歯にくっつきやすいものや口の中に長くとどまるものは、やはり虫歯になるリスクが高くなってしまいます。
砂糖は虫歯菌が増殖する原因になるので、甘くないものや砂糖以外の甘味料を使用しているものを選ぶようにしましょう。
例えば、おせんべいなどは甘すぎず噛みごたえもあるので、取り入れたいおやつのひとつです。
よく噛むことであごの発達が促され、脳も活性化されるといわれています。
また、おやつの回数が多い子どもも虫歯になるリスクが高いといえます。
何度もおやつを食べたり、食べ続けたりする子どもは、口の中が虫歯になりやすい状態が長く続くことになるので、虫歯リスクが非常に高くなってしまいます。
食べ物を食べた後は、残りかすなどを栄養にして口の中で虫歯菌が一気に増殖してしまいます。
唾液がある程度自然の浄化作用を発揮してくれますが、一番良いのは食べたらすぐに磨くことです。
口の中を清潔に保ってあげることが、子どもの虫歯リスクを軽減する重要なポイントです。

子どものおやつのことで気になる方は、歯科医院で歯科衛生士に相談してみましょう。
小児歯科で評判の歯医者さんを探す時は、歯科専用の検索サイトが便利です。
http://www.genova-marketing.jp/news/detail-673165.html


http://pigsproduction.net/