ブロックチェーンとは、ビットコインなどの仮想通貨を運用する過程で生まれた、データ管理のための技術です。
仮想通貨では管理者を置かずに運用しているため、悪意のある第三者によってデータ内容を改ざんされる恐れがあります。
改ざんのリスクはデータが一箇所で管理されている場合より高くなるため、分散して管理することでそのリスクを抑えようとするのがブロックチェーンの基本的な考え方です。
実際にはデータは複数のノードとして管理され、あるデータには別のデータの一部が書き込まれるようになっています。
前後のデータがそれぞれ別のデータの一部を保持することで、改ざんがあった時に見抜ける仕組みです。
データの欠損があった時にもこの仕組みは効果を発揮します。
別の箇所にデータの一部が残っているため、すぐに回復できるからです。
一箇所で管理していると設備が止まった時のダウンタイムも大きくなりますが、チェーン式で管理すれば復旧に要する時間も早まります。
こうしたデータを効率良く管理していく仕組みがあることで、仮想通貨はより信頼性の高いプラットフォームを構築できるようになりました。
分散管理としても優れていることから、仮想通貨以外の分野におけるITソリューションとしても注目されている技術です。


http://pigsproduction.net/?pig=3