働き方改革が叫ばれている日本において重要なポイントとしては、「その改革が『改革のための改革になっていないか』ということに十分気をつけることが挙げられています。
何故なら、日本人の働き方というのは明治維新以降から日本人の国民性に合わせてブラッシュアップされてきました。
そのため、それを無理やり変えて成功するということは難しいのです。

働き方改革を成功させるために必要なこと。
それは、フレキシブルな対応力です。
在宅なら在宅、オフィスワークならオフィスワークというようなガチガチに固まったものではなく、出社したいときには出社をし、自宅に居たいときには自宅で作業をするというような柔軟性が企業側には問われています。

そして、さらに考え方を進めるのであれば、オフィス以外にも働くことが出来るリモートワーク用のワーキングスペースをアウトソーシングするという発想も有りでしょう。
たとえば、CROSSCOOPのようにレンタルオフィスを提供するサービスを利用すれば、顧客の元へ出掛けなければいけないときには、その近くにワーキングスペースを借りることによって生産性が上がります。
このように、あらゆる方法で作業を効率化することが働き方改革には重要なのです。

リモートワークについて詳しくはコチラ

http://pigsproduction.net/