ビットコインをインターネット上で普段便利に利用しているけれど、たまには、街中にあるお店や施設でも使ってみたいと思うことがあるでしょう。
そんなときには、まず、街中でこの仮想通貨が使える所をリサーチする必要があります。
リサーチする際にはインターネットを利用すると便利です。
世界の何処のどんなお店や施設がこの仮想通貨での支払いを受け付けているのかを確認できるマップがインターネット上に公開されているので、それを見れば、あっという間にリサーチを完了できるからです。
それによると、日本国内でこの仮想通貨が使えるエリアとしては現在のところ、東京がメインとして挙げられ、40を超える店舗・施設での利用が可能となっています。
他には、愛知や大阪・京都、鹿児島などのエリアでも、いくつかの店舗や施設でこの仮想通貨を利用することが可能です。
利用できる店舗・施設の種類も豊富で、カフェやレストラン、スポーツ施設やリラクゼーション施設、ショッピング施設などがあります。
ちなみに、マップをぐっと縮小して世界規模で使える所を探してみると、ヨーロッパ地域やアメリカ合衆国が格段に多くの店舗・施設でビットコインが利用可能になっていることが分かります。
また、アジア圏やオセアニア、アフリカでも利用可能な店舗・施設はあることも分かるのです。

→関連ウェブサイト←
http://pigsproduction.net/?pig=5