会社の資金繰りに困り、銀行に融資を申し込んでも断られてしまいました。
ノンバンクから融資を受ける事も考えましたが、ノンバンクから融資を受けると会社の信用を落とします。
取引先が定期的にこちらの会社の信用調査を行いますので、ノンバンクからの借金は契約が打ち切られる可能性もあるんです。
そこで資金繰りの担当者を交えて会議をした結果、ファクタリング会社を利用する事にしました。
取引の停止を考えている企業への売掛金がかなりあるので、それで融資を受ける事にしました。
私の会社とファクタリング会社と売掛金先で債権の譲渡の確認をし、ファクタリングの契約をしたのです。
無事、売掛金を現金化する事が出来、会社の資金繰りも何とか軌道修正する事が出来ました。
売掛金を現金化するのは、手形の裏書きや約束手形の発行などと同じように、あまり乱発するのも良く有りません。
しかし効率よく利用すれば、資金繰りの大きな武器になります。
中小企業の経営で一番難しいのは掛け、売掛金や買掛金の処理です。
下手をすれば回収不能に陥ります。
中小企業同士の取引ですと、常にその危険性があるのです。
ですので、売掛金が一定割合を超えた場合、早期に現金化をした方が良いでしょう。
それは中小企業の財務管理には必要な事です。http://factoring-guide.com/



http://pigsproduction.net/